2013年08月05日

腕時計の電池交換を自分でやってみた

腕時計の電池交換は、ほとんどの方が、時計屋さんにお願いしてやってもらっていると思います。

しかし、電池交換の料金は、安くても800円、普通は1200円〜1500円前後ではないでしょうか。最近は、数千円で時計が買えますから、そんな安い時計に、1200円もかけるのはもったいないですよね。

電池交換は、意外と簡単なんです。裏蓋が外せるかどうかの問題だけなんですね。

腕時計の裏蓋を外すキット(工具)が楽天市場で手に入ります。

一度購入して自宅に置いておけば、家族の時計や親戚・友人の時計も簡単に電池交換できて、お得です。時計屋さんの収入が減るのが唯一のデメリット?です。

交換用のボタン電池は、ダイソーなどで2個100円で売っています。電気屋さんだと、メーカー品が1個だけで200円〜400円位するので、ダイソーがいいですね。切れた電池の型番は、SR626SWでしたが、私は、ダイソーで買ったSR621SWを入れても大丈夫でした。SR621SWのほうが電池の厚みが薄いようですが、直径は同じなので入ります。

さっそく、自分の腕時計と、家族の腕時計3個の電池交換をしました。家族の腕時計が、こんなに電池切れしているとは知らず、驚きでした。

腕時計の裏蓋は2タイプあり、ナイフのような工具でこじ開けるほうは簡単です。スクリュー型の裏蓋は、工具の幅を設定するので、ちょっと手こずるかもしれませんが、それほど難しい技術でもありません。
watch kit.jpg

この程度の作業で1200円も取るのは、ポッタクリですね。是非一家に1つ、電池交換用工具を備えておきましょう。

posted by タエコ at 17:38| 気になる商品

2013年07月24日

高齢者への贈り物に 冷やっクールさわやかパッド

2010年の猛暑で、体に猛暑適応力がついたのか、猛暑日が記録的に連続した2013年ですが、その後、過ごしやすい感じがしますが、皆さんはいかがでしょうか?

エアコンのない私の部屋では、室内気温が32度を超えると、相当暑く感じます。31度でまあまあ、耐えられる暑さで、30度台だと、涼しくさえ感じます。
湿度は50%前後だと、こんな感じですね。33度や34度だと、頭が割れそうな感じで、アイスノンを首に巻き付けるか、水風呂か水シャワーで体を冷やさないとどうにもなりません。

しかし、一番大事なのは、就床時間ですね。

扇風機は、中や強では、起きたときに体に応えます。やはり、弱で首振りですよね。

2010年以降、冷感シーツを使う方が増えてきました。首回りにアイスノンを巻くと効果的ですが、冷えすぎて目がさめてしまうことがあります。

おススメは、冷感枕カバーですね。テイジン(帝人)が「冷やっクールさわやかパッド」という商品を開発しています。

特殊素材のシーツには小さなものと大きなものがありますが、枕専用のものもあります。枕用の「冷やっクールさわやかパッド」は、お値段もリーズナブルで、洗濯も簡単にできますので、寝苦しい夜にお悩みの方にはおススメですね。ご高齢の方への贈り物にも最適だと思います。

なにしろ、あのテイジン(帝人)の開発素材だから、安心ですね。

posted by タエコ at 19:11| 気になる商品

2013年06月24日

冷却グッズが売り切れる前に。。。

数年前の夏は猛暑を超えた酷暑で大変辛い思いをしました。

覚えています?その年は、熱中症で何百人も亡くなりました。

暑さで死ぬなんて、こんな文明の世の中で信じられない話ですが、確かに暑いときは、若い私でも、暑さで頭が割れそうになります。

私の部屋は、マンションの構造上、エアコンが設置できないため、その夏は、アイスノンを脇の下に挟んだり、水風呂にしばらく浸かったりと、悪戦苦闘したのを覚えています。

カラ梅雨の今年2013年の夏は、どの程度まで暑いのでしょうか??

気象庁の予想などあまり当てにできません。終わってから、今年は猛暑だったとか、冷夏だったとか、もう遅いよって感じです。

件の酷暑の年は、扇風機が売り切れて、どの量販店でも扇風機が入荷待ちで困りました。

たかが扇風機が手に入らないというのは異常事態でした。冷却グッズも、最も暑くなる頃には、人気商品が全部売切れでした。

こういったシーズン商品は、一足速く手に入れないと、肝心なときに間に合いません。

今年の夏の暑さ対策は万全ですか?

>>> ★冷却グッズ 楽天市場★
posted by タエコ at 15:22| 気になる商品