2013年05月05日

糖尿病の予防に トクホ・おだやか京抹茶

糖尿病の疑いがある人が、日本国内で740万人いると言われています。さらに、50歳以上では、4人に1人が糖尿病だそうです。

贅沢な食生活の付けが回ってきたと言えるでしょう。もはや、国民病と言っても過言ではありません。

糖尿病の人は、食後の血糖値が異常に高くなります。正常な人は空腹時100以下で、食後でも120〜130くらいにとどまるのですが、糖尿病の人は、簡単に200を超えてしまいます。

すると、体内のあちこちの毛細血管がやられますので、腎臓や網膜の毛細血管、脚の神経などに重大な影響を及ぼします。

最悪の場合は、脚の切断、人工透析、失明などに至ることがあります。

サイレントキラーと呼ばれ、重症になるまで自覚症状が出ないのが糖尿病の怖いところです。

食後の血糖値の上昇を緩やかにしてくれるお茶があります。はぴねすくらぶの「おだやか京抹茶」です。

はぴねすくらぶのおだやか京抹茶は、大変美味しくいただけますので、食後の一服には最適です。

おだやか京抹茶は、特定保健用食品(トクホ)で、難消化性デキストリンを含有していて、便秘症の女性の方にもおススメの商品です。
タグ:糖尿病
posted by タエコ at 19:15| 健康食品